ランニング 筋肉
みなさんは体の筋肉は速筋遅筋に分けられているのは知っていますか?速筋は文字通り素早く動く時に使われる筋肉になり、遅筋は長く動くことの出来る筋肉になります。

ランニングでより使われるのはどっちの筋だと思いますか?

速筋はFF型ともいい、収縮速度が速く疲労しやすいので瞬発的な運動で働きます。白筋繊維で出来ていて、体の表面の筋になります。さらに、糖質をエネルギーとしているので筋肉内には多く糖質がない為に長時間は続きません。瞬発的な動きは無酸素運動となり、酸素がないので脂肪は燃焼しづらいです。

反対に遅筋はS型といい、持久的な動きで働き脂肪をエネルギーとします。ということは速筋の逆で脂肪燃焼には酸素が必要なので有酸素運動となります。まさにランニングは遅筋を使っていることになります。収縮速度は遅く疲労しにくいので持続的な運動で働きます。赤筋繊維で出来ていて、体の深部の筋になります。そして、速筋とは違い脂肪をエネルギーとします。ということは速筋の逆で脂肪燃焼には酸素が必要なので有酸素運動となります。まさにランニングは遅筋を使っていることになります。

なかには速筋と遅筋が複合している混合繊維のFR型の筋肉もあります。収縮速度は速く、疲労はしにくいタイプです。この筋繊維は遺伝的に決まっています。と言われてきましたが、最近は運動や食事などで変化するとも言われています。持久的なトレーニングでは遅筋が増え、筋力トレーニングでは速筋の割合が増えるのではなく、速筋の太さが大きくなる為に筋肉質な状態になります。また、ギブス固定や高脂肪食を食べると速筋繊維が増えるようです。このように医学は日進月歩なので様々な説が新たに出てきます。

そして、ランニングなどの持久的な運動に必要な遅筋繊維はトレーニングによってより強化出来ます!!

筋肉とトレーニング

ランニング トレーニング
遅筋は深部の筋に多いのでインナーマッスルを鍛えることで発達します。深部の筋は骨に細かく付着していますのでを体幹を維持する為に必要ですね。みなさんはインナーマッスルを鍛えた事はありますか?体幹トレーニングと言われたりもしますが、トレーニングの仕方は大きい動きではなくゆっくりと体勢をキープするような運動です。

今まで説明させて頂いたのは骨格筋のタイプになりますが、他にも筋肉には大きく分類すると平滑筋心筋があります。

平滑筋は内臓の筋肉で、心筋は文字通り心臓の筋肉になります。この心筋は自律神経が支配していて、ランニングにより自律神経の調節により副腎髄質ホルモンのアドレナリンが分泌され心筋が収縮します。さらに骨格筋の血流量を増やしたり、気管支を拡張させ呼吸を楽にさせる作用もあります。そして、この自律神経を安定させるには自らの呼吸のリズムによって調整することも大切です。インナーマッスルだけではなく何より心肺機能に関わる心筋の機能もランニングにとっては大事になってきます!

ぜひ、体幹トレーニングや走っている時には体幹のバランスや呼吸のリズムを意識してみて下さい!!

 
体を知る事で正しいケアが出来ます。
みなさんの楽しいランニング・スポーツ生活のヒントになれればと思います。

 
三輪整骨院・鍼灸マッサージ院   鍼、指圧按摩マッサージ師 金田・三浦