前回は「スピード」についてお伝えしましたが、今回は「スタミナ」についてです!
ランナーの食事について ~パート1~

おそらくスピードよりも重要になってくるのがスタミナですね。スタミナとは車でいうところのガソリンですね。どんなにいいエンジンを備えていてもガソリンがなくては意味がありません。さらに、ガソリンの容量が大きくてもガソリン自体がなければ動きません。

なので

エンジンは筋肉、ガソリンの容量は心肺機能、そしてガソリンはエネルギー(スタミナ)

そのものなのです。

体のエネルギー源となる栄養素は?

みなさんは5大栄養素を知っていますか?
糖質・脂質・タンパク質・ビタミン・ミネラルとなります。

その中でエネルギーを作るのは糖質・脂質・タンパク質になり、糖質(炭水化物)が重要になります。

炭水化物の摂取目安はエネルギー量内で50~60%くらいになりますので毎回の食事には欠かせません。そうなると、主食はご飯とイモ類やパン、麺類になります。世間では糖質制限ダイエットなどが流行ってますがランニングされている方は炭水化物を抜いたら走れません。ガス欠になっちゃいますので・・・

ダイエットや健康目的で走られているランナーの方でも適度に炭水化物は摂取しないといけません。間違っても炭水化物抜きのダイエットなどと併用しては意味がなくなりますし、そもそも走れなくなっちゃいます。

大切なのは偏らないことです。
ランニングもペース配分や左右のバランスのとれたフォームなど理想の走りには偏らないことがポイントです!

ランニングのスケジュールに沿って食生活も変えていく

そして、みなさんのランニングのスケジュールに沿って食生活も変えていくことが重要です。

お仕事や生活状況によってランニングする時間帯が早朝や日中、仕事終わりになったりと個人によって様々だと思います。基本的に走った後は筋肉に血流が豊富になるので内臓に血流量が少なく消化能力が少なくなっている可能性が考えられます。

それを考えると、ランニングの後の食事は消化の良いものが内臓への負担も少なく、より体への吸収率も高まり体を作るには適しています。また、いつも理想的な食事は出来ないこともあると思います。その時は次の食事で補うことが大切です。

特に夕食では全体的に栄養バランスをみてみましょう。

夜ご飯は仕事や1日の出来事が終わり、ご褒美という意味でも好きな物に偏りやすい傾向になるのでビタミンやミネラルといった不足しがちな栄養素を積極的に取り入れるべきです。

筋肉の修復を考えた栄養素

ここからは筋肉の修復を考えた栄養素をお伝えします。
人間の細胞はおよそ60兆個ありますが、その細胞の構成はほぼタンパク質で出来ています。ランニングをすると少なからず筋繊維が傷付きます。その修復にはタンパク質が必要になるので毎日のランニングスケジュールを組まれている方は必ず取るように心掛けて下さい!

ランニングやスポーツをしている方は体の状態には敏感です。より良い食事をすることでその変化も分かると思います。

「食事は体を作る」このことを意識してみて生活してみましょう!

 
体を知る事で正しいケアが出来ます。
みなさんの楽しいランニング・スポーツ生活のヒントになれればと思います。

 
三輪整骨院・鍼灸マッサージ院   鍼、指圧按摩マッサージ師 金田・三浦